シナモンはお菓子以外にも活躍

お菓子をよく作るという人なら、シナモンをキッチンに常備しているかも知れません。しかし、お菓子はほとんど作らないという人にとっては、シナモンはあまり興味がない調味料だと言えるでしょう。しかしシナモンはお菓子以外にも使えるスパイスです。私も以前はシナモンは甘いお菓子を作るときだけ使用していました。でもエスニック料理に興味を持ち色々なレシピを試すうちに、シナモンはおかず系の料理に大活躍できることを知りました。シナモンはニッキ(肉桂)とも呼ばれていて、その昔は日本でもニッキ味の飴があったのを記憶しています。実はシナモンは世界でも最も古いスパイスと言われていて、エジプトのミイラの防腐剤として使われていたというから驚きです。日本でも昔は生薬として利用されていたと読んだことがあります。シナモンの特徴はかなり強いスパイシーな香りの中に甘味もあることです。お菓子や料理に加えることで、個性的な味になるのがこのスパイスの魅力的です。例えば普通のカレーやチャーハンにシナモンを加えると、オリエンタルなムードたっぷりの料理になるのでぜひ試してみてください。またコーヒーや紅茶に入れて飲んでも美味しいのがシナモンです。体が温まるので寒い冬にはオススメです。