魚の照り焼きでご飯が進む

魚料理をしようと思っても、なかなかできないことが多いですね。魚は、肉よりもヘルシーだし栄養価も高いのでその点では積極的に使いたい食材です。そんな時、甘辛料理の魚の照り焼きを作ることにより、保存してその後も食べることができるので便利です。甘辛料理でそのようにすると、その日だけはなく冷蔵庫に保存をすることにより、翌日も温めて美味しく食べることができますね。
その魚の照り焼きは、鯖、いわし、鮭等で作ることができます。かつおやブリなどでも作ることが出来るのです。少し匂いが気になる魚は、最初に少し湯通しをしましょう。湯通しをすることにより、臭みを取ることができます。
また照り焼きをフライパンで作る時に、砂糖と醤油と一緒にしょうがの刻んだものを入れることにより、生臭みを取ることができます。魚は時間が経つと、どんなものでも少し臭みを発することがあります、その臭みを取ることができるのはしょうがです。刻んだモノを後から追加して入れても、食感がアクセントとなり美味しいです。