お酢はリンスとしても使える

お気に入りの果実酢を飲んだり通販の醸造酢をお酢料理に使ったり、はたまた掃除にもお酢は役に立ちますが、お酢というのは食べるだけではなくて、髪の毛を石鹸や石鹸シャンプーで洗った後に水で薄めてリンスとしても使うことが出来ます。はじめて知ったときは驚きましたけど、内容をきいているとなるほど納得でした。

お酢がリンスになる理由

お酢はクエン酸が含まれているので、クエン酸を水で薄めて作るクエン酸リンスの代わりとしても使うことが出来るのです。髪の毛を石鹸や石鹸シャンプーで洗った後に、水で薄めたお酢をリンスとして使うと、髪の毛についた石鹸カスを綺麗に落とすことが出来てサラサラの髪の毛に仕上げることが出来ます。 こんな風に水で薄めたお酢をリンスとして使うと、髪の毛や頭皮が少しだけお酢の匂いになってしまいますが、しっかりとドライヤーで乾かせばお酢の匂いはそんなに気になりません。髪の毛を市販のシャンプーやリンスやコンディショナーを使って洗うよりも、石鹸や石鹸シャンプーで洗って仕上げにクエン酸リンスやお酢のリンスを使って洗ったほうが、頭皮や髪の毛に悪い成分が付かずに済みますし、肌が弱い方でもこのシャンプーの仕方ですと肌荒れしないで済むので良いと思います。

リーズナブルなお酢リンス

そして値段的にも、市販のシャンプーやリンスやコンディショナーを買うよりも、石鹸や石鹸シャンプーやクエン酸やお酢を買った方が安く済むので良いと思います。リンスとして使うお酢は、普通の穀物酢や米酢それからリンゴ酢などで良いです。穀物酢や米酢よりもリンゴ酢の方が香りが優しいので、お酢をリンスとして使うときはリンゴ酢の方が良いと思います。 髪の毛を石鹸や石鹸シャンプーやクエン酸やお酢を使って洗うようにすると頭皮のべたつきも無くなりますし、シャンプーやリンスやコンディショナーが原因で肌荒れしてしまった部分も段々と治っていきます。色んな意味で良いと思うので、もし賞味期限が近いお酢がキッチンにあった場合は、ぜひこの方法で髪の毛を洗って試すことをおすすめします。お酢は100円均一でも売っているので、お酢をリンスとして使ってみたい!という方は、100円均一でお酢を買って試してみると良いです。