古代より存在するお酢の力

お酢は渡来してきた

和食の和え物で欠かせないお酢ですが、お酢は日本から生まれたものではないのです。文献上では紀元前5000年頃バビロニアで記録が残っています。また紀元前4000年頃にはビールやワインからお酢を作って、ピクルスを漬けたという記録もあります。日本には今から1700年前、応神天皇のころに中国より渡来し、粕酢や米酢を作り、紀伊国や堺がそれぞれの産地となりました。

こうして古くから親しまれてきたお酢が今も調味料の基本として名を上げているのにも納得がいきますね。お酢も他の調味料とあわせるとその味も立てつつ、お酢味もぼけない。いまさら過ぎるかもしれないですけど、すごい調味料ですよね。

お酢の効果

昨今では発酵食品やお酢が益々良いものだと各所で言われております。お酢が持つ抗酸化作用で美容にもよく、腸内環境を整える力もあります。夏にはお酢のもつ食欲増進効果や疲労回復効果が期待され、夏バテ対策にお酢で酢の物をつくったりもします。お酢は百薬の長のような気もします。