お酢は体にいいと言うけれど本当に?

昔は、お酢を飲むと体が柔らかくなるといった、ただの言い伝えのような情報がありましたが、実際のところどのような効果があるのでしょうか。お酢は、主成分が酢酸で、他の成分は100種類を超えています。さっぱりした味わいから食欲増進効果や、よく知られているのは疲労回復効果です。また、お酢はダイエットにも嬉しい効果があります。腸のぜん動運動を活発にし、腸内の善玉菌を増やすことで便通の改善に期待できます。最近では、腸内環境が免疫にも影響すると言われているため、風邪や花粉症にも効果的です。毎日摂ることで、内臓脂肪を減らす働きもあるようです。酢酸には血中脂質を下げる働きもあるので、メタボリックシンドロームが気になる人にもお勧めです。高血圧やがんの抑制効果があることから、年配の人にもぜひ取り入れてほしいものです。お酢は、防腐と抗菌効果があるので、食べ物そのものの安全効果も高まります。毎日の食生活にほんのちょっとプラスするだけで、いろいろな効果が期待できる優秀な調味料です。