筑前煮を作って保存すると便利

作り置きにもべんりな筑前煮

誰もが好きな料理として上がるのは、なんと言っても煮物です。甘辛いタレで簡単にできる筑前煮など煮物は、小さい時はそんなに好きではないと思っていても大きくなるとその味が好きになりますね。とても不思議なことですが、そんな甘辛料理が大好きになります。特に筑前煮の場合は、その中にふんだんに野菜が含まれています。通販で筑前煮など煮物に人気のたれが出ています。そのことから、甘辛料理なのにヘルシーな料理としてたべることができる点も人気料理となっているところですね。

筑前煮がおいしくなる具材

その筑前煮は、煮込むほど美味しいと言うことがあります。醤油と砂糖で煮込みます。煮込む時に、レンコンや人参などの味が染み込みにくいものを最初にいれて作ります。色をキレイに出したいので、最後に使うのは絹さやです。それ以外のものは柔らかくなるまで煮込みます。すると、レンコン、ごぼう、人参、鶏肉、小芋等煮しっかりと味が染み込んでとても美味しくなります。翌日は、その具材を使って細かくしたものをコロッケとして使うこともできます。それはとても便利です。